おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

SLJ(スーパーライトジギング) 使用タックル

SLJ(スーパーライトジギング)その後

 

SLJでの釣行3回目。ジグで魚が釣れる感覚が分かってきた。しかし、まだタイラバの方が釣果は望める。

ジギングはジグを動かしている最中いきなり魚が食ってくるあの、瞬発的なあたりが実にエキサイティングだ。

しかも、ジグの動かし方で釣れる魚種も顕著に変わってくるのも面白い。

海底あたりをネチネチとジグを動かしていると、ガシラ、ホウボウ、キジハタなどがよく釣れる。

ジグを軽くしゃくりながら、巻き中心でで操作すると真鯛が釣れた。不意のナブラ撃ちでも青物をかけたこともある。船の近くまで引き寄せてバラしてしまったが…くやしい。

どのジャンルの釣りでもそうだが、魚が釣れるまで半信半疑で釣りをしている。特にルアー釣りは「この釣り方であっているのか」と疑心暗鬼になってしまう。

 

SLJとして使用しているタックル

ロッド 

【メーカー】 ピュア・フィッシング・ジャパン

【機種】     ソルティーステージ KR-Xライトジギング SXLS-632-80-KR

 

リール

【メーカー】ダイワ

【機種】 レグザ LT3000-XH 2019モデル

 

このタックルに8本ヨリのPEライン0.8号を200m、リーダーはフロロカーボン3〜5号を使用。ジグは様々なメーカー、商品のジグを30gと40gで試しながら釣りをしている。

 

f:id:tsurigin:20190819175440j:image

高級魚とされるキジハタ (アコウ)

 

f:id:tsurigin:20190819175533j:image

40cmの真鯛 ちょっと目が怖い 

スミマセン、スミマセン