おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

ハタハタを食う

ハタハタをいただいた。

 

先日、知り合いから生の「ハタハタ」いただいた。

秋田県の県魚にもなっているハタハタ、主に日本海で漁獲されているスズキ目の魚だ。瀬戸内海側に住んでいるのであまりなじみのない魚である。

 

f:id:tsurigin:20200530102440j:image

f:id:tsurigin:20200530102451j:image

 

シンプルに塩コショウの味付けのから揚げで食ってみる。

頭と内臓を取り除き、洗った後、水気を取り除き少ない油でカラッと揚げてみる。魚体の表面はかなりヌメヌメしている。

ちなみにハタハタの胃袋からはアミエビのようなものがパンパンに詰まっていた。

 

裏返しながら両面が揚がれば出来上がり。

 

f:id:tsurigin:20200530102529j:image

f:id:tsurigin:20200530102540j:image

食べてみた感想としては…美味い。

味付けは塩コショウだけだが、なんというか、魚の味が濃い。そして骨まで食べられるので何匹でも永遠に食べられそうだ。

今回は頭を落としたが、これは内臓だけ取って頭も一緒に丸揚げしたほうが良さそうだ。

完全にビールにあう一品。