おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

海底火山噴火による軽石被害

海面を浮遊する厄介な軽石

小笠原諸島の海底火山噴火により、大量の軽石が発生しているようだ。

この軽石、厄介な事に水に浮いてしまう。海面を漂流してしまうのだ。

2021年10月30日現在、海流に乗って沖縄県の各地に大量漂流している。

現地は船を出せない状況ではないだろうか。

船のエンジンには海水を吸い上げて冷却するシステムが備わっている。

もし、この冷却システムの中に軽石が詰まってしまったり、水を吸い上げる羽根(インペラ)を壊してしまったらエンジンはオーバーヒートし、最悪焼き付いてしまう。

軽石浮遊した海面で船を走らせれば船体も傷つくし、あの表面ザラザラの軽石がスクリューや舵にあたったら削れてしまいそうだ。

フェリーも運休している。遊漁船も商売あがったりだと思う。

潮の流れによっては四国にも影響があるかも知れない。瀬戸内海まで入ってくるだろうか。

今後の軽石の動きが気になる。