おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

イカ、イカ、コウイカ

タイラバへ行ったのだが…

 

相変わらず「ホウボウ」がよく釣れる。しかも魚体が良い型だ。40cmくらいありそうなホウボウばかり。

鯛は、時々混じる程度。型は良く無い。

 

水深30m付近のフラットなところでタイラバをしていると、時々”モサ〜”としたようなアタリが連発し出した。海藻に引っ掛かったかと思い、魚探を確認すると何も無い。

イカがタイラバを追っかけている。

 

今回はティップラン用のエギと仮面シンカーを持っていたので、タイラバタックルにエギを装着して落とした。

 

エギが着底した瞬間ロッドに重みが乗った。釣れたのはコウイカだ。

コウイカが3杯釣れた。

着底後、数回シャクって止めてと要はティップランエギングの要領でエギを操作した。

 

f:id:tsurigin:20201108155050j:image

 

 

f:id:tsurigin:20201108155115j:image

あとはホウボウ数匹キープと塩焼きサイズの鯛を数匹キープ。ガシラ1匹。

 

f:id:tsurigin:20201108155127j:image

鯛とガシラは干物にする予定。

 

f:id:tsurigin:20201108155250j:image

コウイカは刺身、コウイカの肝を醤油で溶いた「肝醤油」でいただく。

ちょっと生臭かったのでオススメしない。

 

 

 

西風が強くなって白波が立ち始めたので早めの帰港。

 

明るいうちに帰れたから、タックルの入念な塩抜きとメンテナンスを行った。

f:id:tsurigin:20201108155303j:image

f:id:tsurigin:20201108155313j:image