おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

タックル買っていざキャスティング

ナブラ撃ち再リベンジ

 

当たり前の話だが真夏の釣りは暑い。熱中症注意だ。1日釣りすると2リットルのペットボトルが無くなる。

 

実は先日釣りに行った時、シーバスタックルでナブラ撃ちに挑んだ。

メジャークラフトのロッドにダイワのルビアス3000番、ロッドとリールどちらも7〜8年前に買ったタックルだ。

そのタックルで鳥山が出るような大きなナブラに挑んだが、ことごとくやられてしまった。

魚をかけることはできたが10キロクラス級のブリだったらしく20数分間やりとりを行なったがあえなく口切れで魚が外れた。

悔しいのでキャスティングタックルの購入に踏み切った。

 

今回買ったタックルは

 

ロッド アブガルシア(Abu Garcia) キャスティング ロッド スピニング オーシャンフィールドOFOS-78M

 

リール ダイワ(DAIWA) スピニングリール 6000 レグザ LT6000D-H 2019モデル

 

このセットにPE3号を巻く。

いつも釣りをするエリアではオーバースペックなような気がするが気にしない。ゴリ巻きスタイルでいく。

 

今回使ったルアーは鉄板バイブ。

いざ、出船。

 

f:id:tsurigin:20200809163932j:image

 

しかしポイントへ行けない…南風が吹き海が荒れる。

仕方がないので岸よりの波がないところでキャスティング。

アンダーキャストで投げてみたが、35gの鉄板バイブの飛距離もそこそこある。

このロッドのルアーウェイトが60gまでなのでまだまだ余裕もある。

よし、投げる練習はできた。

ベイトも何もいないところでルアーを投げ続ける精神力は持ち合わせてないのでタイラバ へチェンジ。

 

f:id:tsurigin:20200809164405j:image

鯛釣れました。

 

今回はnewタックルの鱗付けとはいかなかったがいつか釣れるでしょう…