おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

ジギングに挑戦

はじめてのジギング

SLJ(スーパーライトジギング)比較的軽いジグで行う釣り。ジグの重さは80gまでくらいか。

SLJタックルをネット通販で購入し、はじめてのジギングを行った。SLJ特集の雑誌に書いてあった初心者用のお安いタックルを選ぶ。

ロッドはアブガルシアのソルティステージ KR-X ライトジギング SXLS-632-80-KR

リールはダイワ レグザLT 3000-XH

横文字と数字とアルファベットがたくさん羅列されたイカしたタックルである。

 

ジグは40gと60gのお安いジグをチョイス。タングステン素材のお高いジグはロストするのが怖いから購入するのを躊躇した。いつも思うがそれなりの釣り道具は高価だ。

 

さっそく海に出てジギングをしてみる。しゃくり方はある程度、動画で確認したが実際しゃくってみるとジグの動かし方は「これで合っているのか?」と考えてしまい、よく分からない。

まぁ最初はこんなものだと思う。動画等を確認しながら、ジギングの釣行回数をこなして慣れていくようにするのが近道か。

購入した40gのジグを覆っていたパッケージに「SLOW」と書いてあったのでスロージギングの要領でゆっくりしゃくってフォールさせることをイメージしながら釣りをした。似非スローピッチジャーク。

疑心暗鬼になりながら、海底付近を闇雲にしゃくっていると何かが釣れた感覚がする。上がってきたのは20センチくらいのキュウセン…いくら何でもスーパーライトすぎるだろ。しかもスレがかり、釣れたというより引っかかったが正しい。

ポイント移動してまた、海底付近をしゃくっていると今度は小さいガシラ…サイズは20センチちょい。ガシラでももっと大きいサイズを求む。

さらにしゃくっていると今度は f:id:tsurigin:20190805224652j:image

ベラ…ヒレが黄色く美しい…あんたもジグ食ってくるのね。

海底付近の釣りを諦め、今度は狙い方を変えて底から中層でしゃくる。

するとf:id:tsurigin:20190805224955j:image

タイ釣れました。しかし、サイズが…今後の大きな課題である。

今回、初めてのジギングを行いましたが魚が釣れる感覚を味わえたので大変良かった。

今後、自分の中でこの釣りを確立していきたい。

しかし、釣り道具高い…