おだやかになることを学ぶ

一生しあわせになりたいから釣りを覚えます

【タイラバ 】テクニカルな釣り

今回はタイラバ メイン 朝、10時ごろ、少々ウネリがあるが、釣りができそうなので出船。 ホウボウがちょいちょい釣れる。 本番は夕方のマヅメ時。 しかし、アタリはあるが乗らない。 ヘッドを80gから60gへ変更してホウボウ混じりではあるが鯛が釣れはじめた…

【宇和島】中秋のエギング

久しぶりにエギングへ 宇和島の三浦半島へ久しぶりにエギングをしてきた。 AM 9:00開始、少し遅め。 いつもなら夜明け前から「朝まづめ」を狙って釣りはじめている。 はなれ小島を見ながら開始した。 まず、はじめに釣れたのはコウイカ。アタリ方は一瞬ライ…

【ホウボウ】青を求めるが、赤しか釣れない

ジギング、タイラバで青物求めるが… 青物を求め、船で彷徨うがベイトフィッシュがいない。青物の気配がない。 「タイとホウボウ」赤い魚しか釣れなかった。 しかし、きれいな胸鰭のホウボウが釣れた。 写真加工アプリで盛っている写真だが、ジュディオングの…

2週間ぶりの釣り

久しぶりの釣り 先週は海が荒れて船を出せず、2週間ぶりに釣りへ行った。 これからの時期は海が荒れやす。思うように出船できないかもしれない。 今回はジギングとタイラバ 。 午前中、ジグをしゃくり続ける。アタリはあるが、魚がかからない。 挙げ句の果て…

【鳥取県】境港を散歩

日本海の魚を観察 スーパーでも、デパートでも鮮魚コーナーがあると立ち止まり、ジッと魚を観察してしまう。 地物の魚や値段をチェックするのが実に楽しい。 鳥取県の境港へ行く機会があったので市場へ赴き、境港の地元で獲れた魚のチェックをした。 まずは…

大潮のジギング

ジギング強化月間 勝手にはじめた「ジギング強化月間」一週間前は若潮での釣行、エソの連発。 本日は大潮、午後から出船。 前日の夜中まで某飲み屋にて釣り兄貴の竿頭になった話を聞いたのでウズウズしている。 松山沖でハマチ25本獲ったとのこと。 船を走ら…

ジギング強化月間

9月はジギングメインの釣り 9月は勝手に「ジギング強化月間」と称しジギングメインで立ち回る事にした。 釣具屋でジギング関係の消耗品(主にフックとジグ)を買い込んで。 安売りしてたのでタイラバ 関係も少々… 消耗品だけで、1万円が飛んで行く。 今までタ…

9月の釣り

秋になりいくらか涼しくなったら、釣りもしやすくなるだろう。 釣り物も増えてくるし。 秋の新子エギング、鯛の荒喰いなど。 夜も明けぬ早朝から高速に乗って2時間、コンビニに入ってもまだサンドイッチが入荷してない時間帯にエギング遠征するのもこの季節…

ジギングとキャスティング

ハマチが釣れている 船の修理が完了した。結局壊れていたのはエンジンを冷却するため海水を吸い上げる「インペラ」が破損していた。 調子の戻った船に乗って出船。 前回、購入したキャスティングタックルとジギングタックル、タイラバタックルを持って釣りに…

ウナギを食う

自前で焼くウナギはうまい お盆中は怠惰な生活を送っていた。船が壊れて出船できなかったら何もすることが無い。 家でダラダラと過ごす。 何か夏のイベントを起こしたいと感じ、ウナギを焼いて食べた。 実はウナギが大好きである。土用の丑の日、のみならず…

お盆は船釣りできず

船が壊れた 近場の沖でタイラバ をしていると船から「ピーピーピー」と警告音が鳴る。 水温が異常に高くなっていた。 エンジンの冷却に海水を吸い上げて冷やしているのだがうまく海水を吸い上げていない様子。ゆっくり自走で帰港したがエンジン室を覗いても…

タックル買っていざキャスティング

ナブラ撃ち再リベンジ 当たり前の話だが真夏の釣りは暑い。熱中症注意だ。1日釣りすると2リットルのペットボトルが無くなる。 実は先日釣りに行った時、シーバスタックルでナブラ撃ちに挑んだ。 メジャークラフトのロッドにダイワのルビアス3000番、ロッドと…

塩麹漬けの鯛をソテー

簡単鯛のソテー 塩麹に漬けて一晩ほど冷蔵庫に寝かした鯛をソテーして食べた。 油を引いたフライパンで焦げ目がつくまで焼くだけ。 塩麹に漬けていたので味付けはシンプルにブラックペッパーのみ。 十分に塩麹の塩味がついていてブラックペッパーの風味も抜…

【愛媛の郷土料理】鯛の焼き切れ

焼き切れ 愛媛県の郷土料理の一つに「焼き切れ」という白身魚の食べ方がある。 今回釣れた鯛で焼き切れを作ってみた。 その日のうちに柔らかい刺身が食べられるように釣れた鯛は神経締めにして持って帰った。 www.tsurigin.net 「焼き切れ」は単純に皮付きの…

サワラのナブラ撃ち、ならず…

サワラのナブラが無い どんな釣りでもそうだが、思い通りに事が運ぶことは稀である。それは釣りに限らずといったところか。 せっかくサワラナブラ撃ち用にワイヤーを入れたアシストフックを作って釣り場に持っていってもナブラが無ければ撃てない。 www.tsur…

【自作】ワイヤー入りアシストライン

サワラにボコられた。 実は先日の釣行でサワラのナブラに遭遇した。30gのジグをナブラ撃ち。一本は釣る事ができたがアシストラインをことごとく切られた。 挙げ句の果て買ったばかりのジグを2個ほど持っていかれた。 やられっぱなしは気に食わないのでワイヤ…

【ローソン】半熟たまごのピリ辛牛肉そば

夏は蕎麦 暑い季節になってきたので船の上での釣り飯も冷たいものを食べる。 今回はローソンの「半熟たまごのピリ辛牛肉そば」という長い名前のそばを食べた。 確かに具がピリ辛だ。ラー油の小袋も付いていて追いピリ辛も楽しめる。 しかし、ピリ辛だけかと…

梅雨のタイラバで70

70の真鯛が出た 梅雨の晴れ間、といっても雨が降っていない間を見計らって曇り空だが釣りに出かけた。 青物ジギングの調子はあまりよろしく無く、タイラバ でポツポツと釣れるといった程度。 大型河川の延長線の沖合で釣りをしてみた。雨の影響で海はコーヒ…

【読書】スローピッチジャークの真髄 佐藤統洋

ジギング関係の書籍 スローピッチジャークというジギングのしゃくり方の生みの親、”佐藤統洋氏””が月刊雑誌「SW」に掲載されているコラム「俺に聞くなよ、海に訊け!!」の内容を厳選して書籍化したものが「佐藤統洋 スローピッチジャークの真髄」 スローピ…

タイラバ &ジギング

もう夏といってもいいでしょう。 初夏というより、もう季節は夏になった。日焼け止めを塗って海に出る季節。 雨上がりで若干の風と波がある海へ釣りに出かけてきた。オレンジのギョサンを履いて… 青物は散ってしまったらしいのであまりいなかったが、一匹だ…

夏の足元「ギョサン」

ギョサン購入 漁業従事者用サンダル「ギョサン」 水に濡れた船の上でも滑りにくいサンダル。今年の夏は足元涼しく過ごすためギョサンの購入を決意した。 Amazonでギョサンを検索すると様々なカラーが売られている。かなりオシャレだ。 わたくし、オレンジを…

魚の天ぷらは至高

魚の天ぷらが好き 以前釣った、ハマチと鯛を天ぷらにした。真空パックして冷凍保存していたブツである。 ハマチ、鯛の切身を下味に塩胡椒を加え、天ぷら粉をまぶし、油で揚げる。 一緒にヤングコーンだか、スイートコーンだかも一緒に揚げた。 写真左からコ…

タコが獲れた

釣ったというか獲れたというか‥‥ 午後、甘鯛が釣れているという情報が入ったのでタイラバ で甘鯛を釣りに行こうと準備をしていたら船の下、岩陰に何やら怪しい動きをする生物を発見。タコである。 まだ、船の係留ロープも外していない。 用意していたタイラ…

四国梅雨入り

梅雨入り釣り 5月の末だか、6月の始めだか四国地方は梅雨入りしたらしい。梅雨入りしたからといってずっと雨が降り続けるわけでもないので、雨の上がった午後、風も無く波も穏やか。釣りに出かける。 海上保安庁も走り回っている。 ノッコミが終わった真鯛が…

ハタハタを食う

ハタハタをいただいた。 先日、知り合いから生の「ハタハタ」いただいた。 秋田県の県魚にもなっているハタハタ、主に日本海で漁獲されているスズキ目の魚だ。瀬戸内海側に住んでいるのであまりなじみのない魚である。 シンプルに塩コショウの味付けのから揚…

船底の掃除

船を上げて船底掃除 気温も高くなってきたので船底の掃除を行なった。一年と数ヶ月ぶり。 久しぶりなのでフジツボ、カラス貝、海藻の付着が酷いことになっている。 となりで作業していた漁師さんに「もっとこまめに上げて手入れせないかんでぇ!」と言われて…

真鯛のフライ

冷凍保存の真鯛を食べる ハンバーガーショップでは「フィッシュバーガー」コンビニでも商品の在庫があれば「フィッシュバーガー」とにかく魚を油で揚げたものが好きだ。 冷凍庫にストックしてあった真鯛をフライにして食べた。 以前食べたコブダイとはまた違…

ジギング&タイラバ

タイラバ とジギング を堪能 ヤズ(ハマチの子)が釣れているということで、船を出し釣行へ。 朝から夕方までのガッツリ釣行。 風も波も無く釣りやすい環境ではあったが、霧が濃い。 GPSが無かったら東西南北、現在、船がどちらの方向に向いているか全くわから…

コブダイのフライ タルタルソース付き

コブダイのフライ 以前釣ったコブダイ(冷凍保存)をフライにしてみた。 三枚におろしたコブダイを適当な大きさに切って塩水で締める。 コブダイは身が柔らかくので塩水で締めて冷凍保存したほうがよさそうだ。 食料に困った時に役に立つ。 冷凍保存していたコ…

G.SAKAI サビナイフ9 シャークレイ

魚を締めるナイフ 釣れた魚を締める際に使いっているのが「G.SAKAI」というメーカーのシャークレイというナイフだ。 ナイフの形状から魚を締める専用のナイフということが分かる。 我が心の奥底に眠る「厨二病」がザワザワと動き出しそうなナイフの形状だ。 …